AGA治療方で注意すること

髪に関して心配している女性

AGAは男性型脱毛症のことで、加齢のみが原因ではなくストレスや生活習慣の乱れなども原因となっているため早ければ10代から始まります。
通常の脱毛とは違いAGAは進行していくのが特徴で、気が付いたときには脱毛や薄毛が進んでいることが多いです。

AGAの治療法としては睡眠をよくとる、運動を行う、ストレスをためないということが大事なため生活習慣を見直しますが、錠剤を服用したり、頭皮に直接散布したり、ということを行います。
錠剤はプロペシアを使用し、脱毛が起こるのを抑える働きがあります。
外用薬として使われることの多いミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけるため発毛を促す効果があります。
この2つの治療を行う際気を付ける点がいくつかあります。

まず、プロペシアは男性ホルモンに作用するため女性は使用することはできません。
妊娠している場合は胎児に影響がおよび、奇形など先天性異常が起こる場合があります。
触ったり、吸い込んだりしただけでも影響が出るので、錠剤を砕いたり割ったりしないようにしきちんと管理をする必要があります。
また、未成年の場合もホルモンに影響し発育不全となることがあるので、使用しません。
この他精力がなくなったり、肝機能が低下したりすることがあります。

ミノキシジルは高血圧用の薬であったため、心臓などの循環器や血圧の疾患を抱えている場合は使用を控えた方が良いです。
この他の副作用としては体毛が濃くなったりむくみがでることもあります。

2つの薬は比較的副作用は少ないですが、管理をきちんとする必要があります。
また、継続して使用しないと効果が現れません。
忘れず服用したり塗ったりできるよう生活の中にうまく取り入れていくことが大切になります。

関連記事